ノウハウ

Googleしごと検索はGoogleの検索エンジンと近い動きをする

Googleの検索エンジンは、「検索キーワードに対して最も適切だと思われる記事もしくはサイトを上位表示する」ということを基本ロジックにしています。例えば「東京都 営業 仕事探したい」と検索した場合、1位ははたらいく、2位はマイナビ転職が表示されます。


これは、Googleがこの2サイトが「東京都 営業 仕事探したい」と検索した人にとって、最も知りたいことがあるサイトと判断をして、上位表示をさせています。

判断基準は様々ではありますが、まず間違いないのは、「東京都 営業 仕事探したい」の3キーワードのうちのどれかが、サイトもしくは記事内に存在している、ということです。

Googleはその記事は何の記事なのか?何のサイトなのか?ということを、記載されているキーワードで判断し、検索エンジンに表示しています。
1位のサイトはサイトタイトルに3つの検索キーワードが入っており、2位のサイトは2つの検索キーワードが入っています。

東京営業の求人・転職情報サイト【はたらいく】でお仕事探し
東京都営業の転職・求人情報 | マイナビ転職【首都圏版】」

では、Googleしごと検索ではどうでしょうか?
「営業 土日休み」で検索をすると、下記のように原稿に「営業」と「土日休み」が記載されている求人が上位に表示されました。

では、Googleしごと検索ではどうでしょうか?
「営業 土日休み」で検索をすると、下記のように原稿に「営業」と「土日休み」が記載されている求人が上位に表示されました。


「営業 土日休み」の検索結果

次に、「営業 商社」で検索をしてみると、同様に原稿内に検索キーワードが入った求人が上位に表示されました。


「営業 商社」の検索結果

つまり、検索されるキーワードが原稿内に無い状態ですと、検索にヒットすらせず、せっかくGoogleしごと検索に掲載されていたとしても、誰にも見てもらえないということになります。

さらにここでポイントは、必ずしも求人のタイトルに検索キーワードを入れる必要はない、ということです。下記の画像を見るとわかりますが、「商社」というキーワードは各求人のタイトルに1文字も存在しておりません。


「営業 商社」の検索結果

まだまだGoogleしごと検索には以下のように、しっかり表示探されていない原稿がたくさん存在していますが、絶対的に原稿内のキーワード数が足りないため、検索にヒットすること自体が難しいと言えます。


多くの求職者に見てもらうためには、

・Googleしごと検索でしっかり表示がされるように施策を行う
・原稿本文内に求職者が検索するキーワードをできる限り埋める

という2つの観点で考えることが重要になります。

どんなキーワードを原稿に埋めていけば良いのか

それでは次に、どんなキーワードを埋めていけばよいのか、という観点で考えていきたいと思います。これは求職者が気にしていること、検索をしそうなことを埋めていくことが重要だと考えます。

例えば以下は「タウンワーク」の「ぴったり!検索条件」の検索条件になりますが、こういった形キーワードを埋めることで検索にヒットする回数が上がっていきます。


こういったものを「メリット」と表現したりしますが、求人サイトによっても記載方法が違いますので、いろいろな原稿やサイトを確認してみてください。

下記にオーソドックスな使いやすいキーワードを記載致しました。

【応募時に関するメリット】
履歴書不要、友達と応募OK、カップルと応募OK、職場見学応募OK、書類選考無し、面接一回のみ、即日内定、即日勤務OK

未経験者歓迎、無資格歓迎、主婦・主夫歓迎、経験者歓迎、Wワーク歓迎、ブランク歓迎、学歴不問、障がい者積極採用

【支払いに関するメリット】
週払いOK、日払いOK、前払いOK、高時給、入社祝い金、残業代全額支給、交通費全額支給、寮有り、光熱費負担

【働き方に関するメリット】
短時間勤務OK、週1回や週2回からOK、電話対応無し、単発・短期・フレックスタイム、土日祝日休み、シフト制勤務、制服支給

自然に原稿内の文章に組み入れて頂いても良いですし、例えば下記のような形で、求職者にわかりやすいように、かつ検索エンジンに拾ってもらえるように、原稿内に追記をして頂いても良いと思います。

【このお仕事のメリット一覧】
履歴書不要/友達と応募OK/カップルと応募OK/週払いOK/日払いOK/前払いOK/短時間勤務OK/週1回や週2回からOK/制服支給

Googleしごと検索の「description」にさえ入っていれば、原稿のどこに記載していても、問題ないかと思います。

まとめ

Googleしごと検索では検索をした時の結果を、検索キーワードと原稿内のキーワードでマッチングをして表示させています。なので、検索されるキーワードが原稿になければまず表示されませんので、可能な限り、求職者が検索しそうな言葉を原稿内にちりばめていきましょう。

原稿を作成する際に、上記を意識するだけでも結果が変わってくるかと思いますので、ぜひ参考にして頂けますと幸いです。


ノウハウ

OUR SERVICE

ウィルビーサービス一覧