レポート

この記事ではGoogleしごと検索の検索結果で、オーガニック(通常の検索結果)がより上位に来てしまう現象について調査しました。

ここ最近、オーガニック優位になる検索ワードが現れています。せっかくGoogleしごと検索に掲載しても、オーガニックよりも下では流入が少なくなってしまいますよね。

そこで今回は検索ワード別にオーガニックが上位かどうかを徹底リサーチ。簡単な傾向もまとめたので、まずはご一読ください。

最もGoogleしごと検索が下だったのは「リスティング4件+オーガニック2件」


調査した中で最もGoogleしごと検索が下に追いやられていたのは「看護師 求人 梅田」のワードで、リスティング4件とオーガニック2件の下でした。

要するに検索7位からようやくGoogleしごと検索が現れることと同じで、目安のクリック率は

・1位:20%
・7位:3%

と大きく下がります。当然ながら求人への流入も低下してしまいます。

では、どのような検索ワードでオーガニックが優位になってしまうのか。以下で調査結果を紹介します。

【職種別】さまざまな検索ワードでオーガニックの優位性を調べてみた

バイトや正社員、地域ワードのあるなしなど、さまざまな検索ワードでオーガニックの優位性を調べました(2019年6月20日現在)。

看護師

「看護師 求人 梅田」ボリューム7,320,000、リスティング4件、オーガニック2件


「看護師 求人 梅田」ボリューム7,320,000、リスティング4件、オーガニック2件

「看護師 求人 高給与」ボリューム11,300,000、リスティング3件、オーガニック1件


「看護師 求人 高給与」ボリューム11,300,000、リスティング3件、オーガニック1件

看護師の求人においては、ボリュームとオーガニックの検索結果数は相関がありませんでした。

検索ボリュームが多いワードはオーガニックの検索結果が多くなるわけではなさそうです。

薬剤師

「薬剤師 東京 求人」ボリューム167,000,000、リスティング4件、オーガニック1件


「薬剤師 東京 求人」ボリューム167,000,000、リスティング4件、オーガニック1件

薬剤師の求人でもオーガニック優位の現象が見られました。

カフェ

「カフェ 渋谷 求人」ボリューム22,600,000、リスティング0件、オーガニック2件


「カフェ 渋谷 求人」ボリューム22,600,000、リスティング0件、オーガニック2件

「カフェ 原宿 求人」ボリューム2,840,000、リスティング0件、オーガニック0件


「カフェ 原宿 求人」ボリューム2,840,000、リスティング0件、オーガニック0件

「カフェ 表参道 求人」ボリューム2,950,000、リスティング1件、オーガニック0件


「カフェ 表参道 求人」ボリューム2,950,000、リスティング1件、オーガニック0件

かなり近郊の地域3つで検索してみましたが、渋谷の検索結果(1番目)のみオーガニックが登場する結果に。

地域ワードというだけでオーガニックが優先されているわけではなさそうです。

居酒屋

「居酒屋 東京 求人」ボリューム29,000,000、リスティング0件、オーガニック1件


「居酒屋 東京 求人」ボリューム29,000,000、リスティング0件、オーガニック1件

「居酒屋 渋谷 求人」ボリューム9,670,000、リスティング0件、オーガニック3件]


「居酒屋 渋谷 求人」ボリューム9,670,000、リスティング0件、オーガニック3件

オーガニックの検索結果数でいうと2番目の「居酒屋 渋谷 求人」が3つで最多でした。

次はこれらの検索結果をふまえて考察していきます。

リサーチ結果に関する考察3つ

上記のリサーチ結果より考えられることは3つです。

1.オーガニック優位の検索結果は、地域ワードで特に起こる傾向か
2.検索ボリュームが大きなワードはオーガニック優位な傾向か
3.3語以上の「検索意図がはっきりしているワード」で登場する傾向か

順にお伝えします。

考察1:オーガニック優位の検索結果は、地域ワードで特に起こる傾向か

どの業界の検索結果でも地域ワードにおいてオーガニックが優遇される現象が起こる傾向にあります。

ゆえに、地域でしぼった求人を出したい企業様は事前に検索結果をチェックしておくことが欠かせません。

考察2:検索ボリュームが大きなワードはオーガニック優位な傾向か

検索ボリュームが大きなワードほどオーガニックが上位に来ていることが多い傾向にあります。

例えばカフェの検索結果をおさらいすると、以下のようにボリュームが多いワードでオーガニックが上位になっているのです。

・「カフェ 渋谷 求人」ボリューム22,600,000、リスティング0件、オーガニック2件
・「カフェ 原宿 求人」ボリューム2,840,000、リスティング0件、オーガニック0件
・「カフェ 表参道 求人」ボリューム2,950,000、リスティング1件、オーガニック0件

具体的なボリューム数は業界によりますが、傾向としてとらえておいて損はないはずです。

考察3:3語以上の「検索意図がはっきりしているワード」で登場する傾向か

全体的に3語以上のワードが多い傾向があり、これは検索意図(検索ユーザーが欲しているもの)がはっきりしているからだと考えられます。

Googleしごと検索は求人を一覧でのせる、いわば媒体のようなものです。

ゆえに検索意図がはっきりしているユーザーの場合「Googleしごと検索の一覧は見たくないから自分の疑問を早く解決してくれるページを見たい」と考えることが予想できます。

結果としてオーガニックの結果が優遇されやすい状況になっているととることが可能です。

この傾向は日本のみで、今後は修正されると考えられる。まずはGoogleしごと検索に集中しよう

Googleしごと検索の検索でオーガニックが最上位に来る現象について、検証をまじえつつ紹介しました。

実はこの傾向は日本だけに見られる現象です。なので、徐々に他国と同じようにオーガニックの上にGoogleしごと検索の結果が必ず表示されるようになると考えられます。

まずはGoogleしごと検索での上位表示を意識して、余裕があればオーガニック検索の攻略も進めていくのがおすすめです。


レポート

OUR SERVICE

ウィルビーサービス一覧